ダウンロードLinkIcon歌詞:人生の贈り物



人生の贈り物
他に望むものはない

作詞 楊姫銀・さだまさし
作曲 さだまさし    

季節の花が これほど美しいことに
美しく老いてゆくことが どれほどに
もしも もう一度だけ 若さをくれるといわれても
若き日の ときめきや 迷いをもう一度
それが人生の秘密

歳を取るまで 少しも気づかなかった
難しいかということさえ 気づかなかった
おそらく私は そっと断るだろう
繰り返すなんて それはもう 望むものではない
それが人生の贈り物



⌘ さだまさし バーション



⌘ 楊 姫 銀 バージョン


楊姫銀:1952年ソウル生まれ。70年代の学生街で歌われた『朝露』で注目されて以来、韓国のジョーン・バエズと呼ばれ韓国フォーク界を牽引するアーティストとなりました。しかし、当時の政治背景によって初期に発表された多くの曲が禁止曲として封印され、1981年に活動を休止、欧州・米国でバックパッカーとして一年以上を過ごし、帰国後に見つかった癌との闘病生活を経て、1987年に結婚し渡米、ニューヨークに7年間居住。1994年に本格的なコンサート活動を再開、2001年8月にはデビュー30周年記念コンサートを開きました。(『すろうらいふすとーりー』より抜粋)



⌘ 必聴 楊姫銀・さだまさしデュエット ライブ版


楽曲演奏のみ


数年前にNHK番組で来日した楊姫銀とさだまさしが「人生の贈り物」をデュエットしました。スタジオ録音のデュエット版も発売されていますが,ライブ演奏の楊姫銀の迫力(存在感)には一聴の価値があります。